人を知るPEOPLE

STAFF INTERVIEW社員インタビュー

広島の新たなランドマークに。
想像以上の刺激に満ちた毎日。

おりづるタワー事務局兒玉 健治郎

2015年1月入社。広島県出身。関東の大学を卒業後、大手家具量販店に入社。販売、物流などを担当し、5年ほど勤務の後、子どもが生まれたことがきっかけとなり、将来を考え地元に戻ることを決意。広島マツダへ転職。おりづるタワーの担当としてゼロからのスタートを切った。

子育てや人生を考えた結果の転職。
考えたのは「自分で何かを作る仕事」。

大学時代の就職活動では大手の家具量販店を選択。成長企業の将来性と、幅広い業務を経験する中で、いろんなことに挑戦できそうという期待感で入社を決めました。ずっと働いていれば海外などへの挑戦もできたかもしれませんが、結婚し、子どもが生まれたことで人生は一変。夫婦で話し合い、親元である広島で子育てをしようという結論に至りました。以前は転勤がある全国企業でしたので、希望したのは広島本社で腰を据えて仕事ができる会社。そして、標準化されていない、自分で何かを作り出す仕事がしたいと思っていたところ、広島マツダに出会いました。広島マツダというとカーディーラーですが、実は枠にとらわれずいろんなことに挑戦している会社。特に「おりづるタワー」の事業は、会社にとっても新たな挑戦で、これに一から取り組めるということはとても魅力的だなと感じました。「自分で何かを作る仕事」の「何か」は「これだ!」と思ったんです。

広島を訪れる人の新しい憩いの場に。
「おりづるタワー」にかける熱い思い。

異業種からの転身。もちろん、建築も開発も未経験でした。上司のお手伝いから始め、徐々に担当分けが進む中、私はオフィス誘致をメインに任されることに。おりづるタワーは、広島中心部の新たなランドマーク。原爆ドーム横に元々あったビルを大規模リノベーションし、オフィスだけでなく、カフェや物産店、平和公園を望む展望フロアも備えた建物。広島を訪れる世界の人々が憩える場所になるように、という思いから始まっています。オフィスフロアのPRのためにオフィスビルには珍しい内見用のショールームまで開設することになり、私はその開設をゼロから任されました。設計や建築、広報用ツールといったものに至るまで、外部の方と折衝しながら進めてきました。本体自体がまだ工事中で、同時進行で決めることも多く大変でしたが、完成したショールームに訪れてくださった方が「ここ、凄いですね」とお言葉をくださった時には、やりがいを感じられました。

今までだったら会えなかった人に会え、
新たな発想や仕事に刺激をもらえる。

入社当初、設計分科会や定例会に参加しても、飛び交う専門用語がまったくわからなかった私。今は何とか会話ができるレベルになりました。ここまでやってこられたのは社内の上司・スタッフ、おりづるタワーに関わる業者の方々のお陰。社内スタッフも、元印刷業界、元システム系、元アパレルに元カフェのマスターまで、本当にいろんな人達が集まっています。新たな発想に刺激を受けながら一緒に成長できる環境です。未知のことに不安になる気持ちよりも、新しいことを知る喜びの方が強く、いろんな人と会い、いろんな考えに触れる毎日はやりがいに満ちています。おりづるタワーがオープンするまで、また、オープンしてからも、まだまだ考えること、やることはいっぱいあります。正直、入社前に想像していた以上のことを任されていると実感します。広島マツダは、旧来の考え方や枠から飛び出したことでもどんどん挑戦できる会社であるということだけは、間違いありません。

A DAY OFF
休日の楽しみ

妻も私も、自然や山登りが大好き。先日も1歳半の長女を抱っこひもで背負って、近くの山へピクニックに出掛けました。広島は自然に囲まれ、ちょうどよい暮らしやすさもある街です。以前はシフト制で土日が休めない職場で、妻ともなかなか休みが合わず「ひとりで登山」ということも多かったのですが、今はプライベートな時間が本当に充実できています。

A DAY AT HIROMAZ
一日の流れ

9:00

出社

出社すると一番に新聞をチェックします。
メールチェックを行い、返信対応。

9:40

朝礼

10:00

おりづるタワー オープン

ご来館されるお客様のお迎えをしたり、受付にいるスタッフに団体のお客様のスケジュールについて確認したりします。

12:00

昼休憩

オフィスのデスクで妻が作ってくれた弁当を食べます。

13:00

業者とプロモーション施策について打ち合わせ

15:00

社内ミーティング

キャンペーンやイベントの企画について、スタッフと様々な意見を交換します。

17:45

スケジュール作成

おりづるタワーで行う企画やプロジェクトが多数あるため、リアルタイムでスケジュールを共有できるよう工程管理表を作成します。

18:45

翌日の予定を確認、退社

ENTRY

広島マツダは、
あなたを待っています。 エントリー完了後、会社説明会などの採用情報を随時ご案内致します。

ぺーじとっぷへ