人を知るPEOPLE

STAFF INTERVIEW社員インタビュー

あの憧れの先輩のように
「現場一筋」を貫いていきたい。

大州本店
サービスグループ エンジニア
宮田 恭兵

2012年4月入社。自動車短大専攻科を卒業し、一級整備士資格を取得した後、新卒で広島マツダへ入社。半年間の研修を経て、西条店にエンジニアとして配属。2年目の5月より大州本店へ異動。広島市出身。車が大好きでできればずっと現場にいたいという職人気質。

マツダ車が多い広島県だから
いろんな仕事ができると思った。

車が大好きでせっかくなら一級整備士資格を取ろうと思い、短大で学んだ後、2年制の専攻科へ進みました。マツダ車が一番走っているのはやっぱりマツダのお膝元である広島県です。そして、全国のマツダディーラーの中でも広島県を担当する広島マツダであれば、扱う台数も多そうですし、いろんな経験ができるのではないかと思い決めました。入社後の研修期間には、数店舗を1週間ずつ体験しましたが、各店舗、スタッフの年齢層が違えば、動きや雰囲気もそれぞれに違い、面白いと思いました。最初の配属となった西条店では、師匠とも呼べる先輩に出会い、色々教えていただきました。技術レベルが高く、仕事ができるということだけでなく、まわりへ気遣いができるというところが素晴らしく、自分もそんな仕事ができたらと思っています。

先輩に「技」を伝授してもらい、
もっともっと技術レベルを上げたい。

新人時代、できるだけ先輩に聞かずにやる方がいいと思っていたのですが、それで何回か失敗をしてしまったのです。それからは、わからないことは先輩にすぐに聞いて、仕事のコツを教わるようにしています。アドバイザーから「よくできていた」「お客様が喜ばれていたよ」という言葉をもらうとやって良かったなと思います。現在勤務している大州本店は、広島マツダの中でも入庫量が一番多く、様々な経験ができる環境です。50歳代のベテランの方で現場一筋の先輩がいて、勉強させていただいています。誰よりも動くし、誰よりも工場のことをわかっている先輩は、僕の理想。その仕事を見て、いいところをどんどん吸収しています。何年後かには先輩も定年となりますので、いなくなった時にも困らないお店にしたいという思いもあります。お店のみんなでレベルアップしていきたいと思います。

現場から離れたくない思いと
お店をより良くしたいという思い。

今は黙々と車と向き合っていることが自分に向いていると思っていますが、アドバイザーやコントローラーといったステップアップの道もあり、そこは悩みどころです。自分らしく整備の道を究めたいという思いが今は強いですが、お店がそれで良くなるというのであれば、ちゃんと向き合ってやっていきたい。一度、コントローラーの2名の方が不在だった際、僕が代行してコントローラーを1週間していたのですが、慣れない仕事でプレッシャーもあり、おでこにニキビが出てしまいました(笑)。大変でしたが面白かったですし、今現場で仕事をしていてもコントローラーの方の気持ちや立場がわかって助け合えるので、経験してみて良かったと思います。いずれにしても、まずはしっかりと整備の技術を身に付けることを最優先に頑張り、後輩にも良い影響を与えられる目配りのできる先輩でいたいと思います。

A DAY OFF
休日の楽しみ

大州本店は、定休日がないので完全なシフト制。ほぼ平日休みですが、月に1回、土日の連休があります。妻と休みが合えば、一緒に買い物に行ったりしていますね。休みが合わなければ掃除か洗車。休みも黙々と車と向き合っています(笑)。

A DAY AT HIROMAZ
一日の流れ

8:00

出社、工場や代車の清掃

8:50

朝礼

9:00

業務開始

割り振られた車検、点検をこなしていきます。

12:00

昼休憩

昼食は妻ががんばって作ってくれている愛妻弁当。

13:00

引き続き、車検、点検、修理

17:00

急ぎのものや残っている仕事を確認し、作業

17:45

翌日の予定を確認

18:00

退社

ENTRY

広島マツダは、
あなたを待っています。 エントリー完了後、会社説明会などの採用情報を随時ご案内致します。

ぺーじとっぷへ